互換性インクもピンからキリまで

私はエプソンプリンターを利用してますが、最初に互換性インクを利用したのは年末。
年賀状作成時期ですね。

 

値段には勝てなかった……
だって、年賀はがき+インク代、年始はお年玉にお年賀に初売りに福袋に〜
とにかく、仕上がりに遜色なければ安い方!!
が、人と言うものです。うん。

 

とは言え、プリンタ本体には「純正品以外使うな」とあるわけですから、不安が無いわけではありません。
某ホームセンターのパソコン周辺機器売場で、悩むこと30分。
お店の方、長居申し訳ないです…
純正品の半額にはやはり勝てず、ダメ元で購入してみました。
ま、駄目ならさ、元のやつ使えばいいしさ。
大丈夫なら、この先安く出来るんだから。
使ってみないとさ、分かんないしさ、
なんて、プリンタ本体の注意書きと無駄使いになるかもしれない自分に言い訳しつつ帰宅。

 

早速開封してみると、回収詰め替え製品なのか、純正品とは若干設置方法が違いましたが、
結構簡単にセット出来ました。
数回ヘッドクリーニングをして、インクを馴染ませます。
インクジェットプリンタは、普段でも大げさな音がするので、
注意書きを守らなかった後ろめたさから、ちょっとの音にもビクビク。
一度テストプリント(かすれがないかチェックする機能)してみると、何ら問題なかったので、
年賀状の前に、分かりやすい写真でもう一度試してみると、

 

全くもって綺麗な仕上がり!!!

 

その後も、年賀状の子供の写真も美しくプリントでき、
イラストも宛名面もトラブル無く完成♪
コストパフォーマンスの事を考えても、これは良い買い物をしました。

 

以後、我が家の定番インクとなっています。