互換インクの選び方

非常に安い金額で購入できる互換インク。

 

安ければいいやということで、互換インクを購入してしまうと質が悪かったり、最悪の場合はプリンターが故障してしまう原因になります。

 

そういった失敗を防ぐためにも、互換インクの選び方を覚えておきましょう。

 

良い互換インクを選ぶ基準

 

@質が高い
せっかく安く買ったのに、質自体が大きく落ちてしまっていると、印刷するたびにがっかりすることになります。
また、仕事で使っているのでしたら、お客様に苦情を言われてしまう恐れもあります。
まずは、どれだけ純正品と変わらない質があるのかを調べてみることから始めてみてください。
実際にプリントをした見本があるサイトがあれば、それを見比べて本当に互換インクを使っても問題がないのかを確かめましょう。

 

A保証が付いている
互換インクには、保証が付いている場合があります。
例えば、インクナビだとカートリッジ認識不良や相性不良、製品破損やインク漏れなどの問題が起こった場合、諸費用は全てインクナビが負担して新しい互換インクに交換してもらえます。
保証の内容は、販売しているお店によっても異なりますので、どのような保証内容になっているのかを調べ、万が一問題が起こった時に対処できるようにしておきましょう。

 

B価格の安さ
やはり、どんなに質が良くても、保証が付いても安く購入できないとほとんど意味がないですよね。
互換インクを購入する方の目的というのは、できるだけコストを抑えたい方がほとんどなので、安く購入できる商品を選ぶ必要があります。
仕事で使っている場合には、1日に1回交換しているところもありますので、1本の価格が100円安くなるだけでも、大きなコストダウンに繋がります。

 

C使用しているプリンターに適している
絶対に調べておかなければならないのは、現在使用しているプリンターに適しているかどうかです。
使用しているプリンターに適していない場合は、互換インクを使えなかったり、故障の原因になる場合もあります。
合っているかどうかというのは、商品を紹介している公式WEBサイトで説明していますので、必ず確認してみてください。

 

 

互換インクを選ぶためには、主にこの4つの基準を設けていれば、特に問題なく使い続けられます。
質の良さや価格の安さだけに目を向けるのではなく、保証やプリンターの適正などにも注目して、安心して選べる互換インクを選んでください。
そうすれば、コストダウンはもちろん、これまでの質を維持し続けることもできるでしょう。